戒め

2016年一発目のステージは1/23(土) 小倉WOW で、Crazy Child としてたくさんの友とのセッションでした。
また一つCrazy Child に一歩先を行かれてしまいましたが、ま、まぁKyoko. としての地道な修行の賜だと思いよしとします(笑)
「ギタリストやってます」と胸はって言えるレベルには正直程遠いですが、「来てよかった!」って思える演奏を!っていつも心がけてやってます。
少しでも力を抜くと次はない。めちゃくちゃ厳しい世界。
そういう現場に身をおくことでしか得られないものがあると思います。
今の自分がなかなかうまくいかないのも、きっとその気迫がまだまだ足りていないからだと思います。
もっと泥沼を経験しなければダメなんだと。


この前、友人と話してた時に、私がいつも戒めにしてたことばがあるといいながら、すっかり忘れてた言葉がありまして・・・(笑)
いや、大意は覚えてたんだけど、細かいところを忘れてただけだい!
それは、落語家、古今亭志ん生 の言葉です。
曰く、

「他人の芸を見て、 あいつは下手だなと思ったら、 そいつは自分と同じくらい。 同じくらいだなと思ったら、 かなり上。 うまいなあと感じたら、 とてつもなく先へ行っている」

これはまさに言葉の通り。
落語家 志ん生師匠の言葉だけれど、これはギターや音楽にも当てはまる。
この言葉を胸にもう一度刻んでいこう・・・忘れてたけれど(笑)