WordPress 導入 とここ最近の Music

思い起こせば 2002年ごろだったとおもう。
当時、ウェブサーバー管理のお仕事をしていたころだった。

上司から「誰でも簡単にホームページが更新できる仕組みをつくって」と頼まれた。

ご存知の通り、ホームページは HTML という特殊な言語で書かれている。
ホームページ作成ソフトで誰でも作ることはできるけれど、当時も今も作成ソフトはけっこうなお値段する。
そこで、ブラウザで管理ページにアクセスしてホームページを自動で更新する仕組みがあったらいいのに・・・という時代でした。

で、上司の依頼通り、ある程度のことはできる仕組みは作ったのだが、時をほぼ同じくして、開発が進んでいたんでしょうなぁ、WordPress。

やがてその後、ウェブ上で記事を管理できる仕組み、要するにブログ登場。誰でも簡単に更新していけるので爆発的に利用者が増えていった。

そして2003年。WordPress がリリースされたらしい。
そのころの私はウェブ関係の仕事を辞め、転職したばかりで忙しく、そんなことに気を配ってる暇はなかった(笑)
なので、そのころの WordPress の状況など、全くわからない。

そして更に時は流れ、ギターを弾くようになった私。

やっぱり WordPress など、気を配ってる暇はなかった(笑)

その存在を知ったのは、数年前、勤め先のウェブ管理を(片手間で)任されてから。
勤め先のウェブは WordPress で作られていた。

最初の感想は「なんじゃこりゃ!?」でした。

使い方がよくわからずホームページ上のちょっとしたことを変えるのにも四苦八苦・・・
とにかく難しく感じ、こりゃWordPress は避けて通ろう・・・・と思った。

ギターを弾くので精一杯だった。

そして更に時は流れ、ついに WordPress を使いこなさくてはいけない事案が。

 

 

一応、前々から、使いこなせたらこれはとても素晴らしい武器だ!とは思ってましたが、とにかく難しい。
設定の自由度が高いために最初に覚えることが多すぎる。とにかく一から調べ調べ試行錯誤しながら勉強しました。

そんなわけで、まずは手始めにこの Kyokoguitar.com から WordPress 化しました。
見た目的には以前とほぼ変わらないので「はぁ?なにそれ?」だと思いますが、私的には今後更新も楽にできちゃうし、仕事に、ギターに、音楽に集中できそうです。

そしてここ数日の WordPress のお勉強の際、なぜかヘビーローテーションしてたアルバム。

FOLLOW THE WIND / 氷室京介

なぜこのアルバムを聴きたくなったのかは全くわからない。
氷室さんの声が聴きたくなった・・・

奇しくもこのアルバムは、WordPress のリリースと同じ、2003年にリリースされている。
そのころの私は、先ほども書いたとおり転職したばかりのころで、音楽全般、ほぼ聴く暇がなかった。
なので、恥ずかしながらこの FOLLOW THE WIND もまともに聴いたことがなかった。

改めて聴いてみると、当時の氷室さんの方向性が・・・まぁ、当時くらいからラップ、ヒップホップが流行しだして、どんなアーティストもラップテイストを盛り込まざるを得ない空気があった。

ホントに個人的感想なので、的外れなのかもしれないけれど、氷室さんがラップ・・・ねぇ。うーん・・・と思っていたんですよ。
なんせ、BOØWY のころからの氷室さんを聴いてきたあたくしですから、氷室さんにラップ色とかいらないでしょだったんです。

けれど、このアルバム聴いて気持ちが変わった。

やっぱりなにをやってもかっこいい。氷室京介は。

このアルバムの中で一番ぐっときたのは、アルバムタイトル曲でもある FOLLOW THE WIND なんですが、VIRUS で聴かせてくれるラップ、そしてサビの伸びやかな声。
RAP ON TRAP もこれぞ氷室京介というBメロからの、激しいラップ。その織り交ざっていくバランスが程よくて気持ちいい。

・・・と、氷室ファンのみなさんには、今更なんなん?(^^; っていう話ですが、とにかく・・・

きっとまたいずれ FOLLOW THE WIND を聴くときは、一生懸命 WordPress を勉強してた頃を思い出すんだろうな♪

というわけで、夜更かし Kyoko. でした♪

 

follow_the_wind

 

Amazon で探したら中古しかなくて、その金額にびっくり!(@o@)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL